普通法人を設立した場合は、設立第1期の確定申告書の提出期限まで

棚卸資産の評価方法の届出書とは?

棚卸資産の評価方法を選択することができるが、あらかじめこれを税務署に届け出ることが必要。届出書を提出しなかった場合には最終仕入原価法を選択したことになる。最終仕入原価法は、期末在庫の計算が最も簡単な方法なので、これを選択することで特段の不利益は生じない。

棚卸資産の評価方法の届出書を提出するデメリット

最終仕入原価法を選択したことになります。最終仕入原価法は、期末在庫の計算が最も簡単な方法ですから、これを選択することで特段の不利益は生じません。

書き方のコツ

評価方法の変更は可能ですが、いたずらに許されるものではありません。 評価方法を変更する場合には、変更しようとする事業年度が始まるまでに、「棚卸資産の評価方法の変更承認申請書」を税務署に提出します。
現在の評価方法を採用してからおおむね3年経過していることが条件とされています。

棚卸資産の評価方法の届出書

棚卸資産の評価方法の届出書ダウンロード(PDFファイル)

今から棚卸資産の評価方法の届出書を作成される方へ 実は、こんなお悩み抱えていませんか?

こんなお悩み解決します!完全無料「まるごと作成サービス」にお任せ下さい!

  • 棚卸資産の評価方法の届出書が正確に書けるか不安、、、
  • 他にも届出資料があると思うと少しゆううつ、、、
  • 無料で頼めるなら専門家にお願いしたい、、、
  • 棚卸資産の評価方法の届出書の後の流れが不安、、、
  • 資料を書く時間すらもったいない、、、